乾山写し

乾山写し滝田川小鉢
                       乾山写し滝田川小鉢

                               

陶器を始めて間もない頃、陶器の問屋さんが色々な見本を持って

私の陶房(当時は愛知県瀬戸市に在りました。)を訪ねて来ました。

京都の料理屋さんで使われるとの事。

全ての作品が素晴らしく、とても自分の手に負えるものでは在りません

でしたが、どうしても造ってみたくなり、その内の一点、絵付けは絵付師に

お願いするということで造りだけを引き受けました。

その一点が乾山写しの作品でした。

そのため当時あまり乾山の事を知らなかった自分は本歌である江戸時代

の陶工、尾形乾山(光琳の弟)の作品を調べる事となりました。

おどろきました。

何と作品の多岐にわたる事、何と写し物が多い事。現代でもその作品を

有名な陶芸家が写している事。

もともと着物の意匠であった平面的な琳派の意匠を立体的な器に何と

大胆に描いてある事か。

とても写しなどできるものではないけれど少しでも近付きたい。そんなわけで

自分の仕事の度に少しずつ取り入れて来ました。

今回の器、竜田川小鉢は土、釉薬、絵具、寸法、全て本歌と違いますが、

本歌の写真を造りましたので勝手に乾山写しと致しました。


根の鼻窯 中條 正康

                                     



TOP戻る